全席禁煙が広がる世の中で禁煙の必要性と水煙草の活用

レストランやカフェなどがだんだんと全席禁煙のシステムを標準化するようになってきました。少し前までは全席禁煙ではなく、喫煙席と禁煙席とを同じ店内でも場所を分けるという分煙を行うことが一般的でした。分煙で営業しているレストランやカフェなどもまだ多いものの、分煙から全席禁煙へと移行する動きが強まっているのが現状です。これは分煙をしていても空間的に完全に隔てられているわけではないことから、禁煙席にいる人がタバコの香りを感じて嫌がるということがしばしばあるからです。喫煙者から見ればタバコを吸う自由が奪われていることになりますが、それよりも非喫煙者をタバコの健康被害から守るということが重要視される社会的状況が生まれてきていることを如実に表している事実と言えるでしょう。客層を考慮して、昼間は全席禁煙として主婦やその子どもたちを迎え入れやすい状況を作り、夜は分煙として喫煙するサラリーマンもかきいれるという動きもあります。しかし、概して喫煙者は肩身が狭くなってきていることから、禁煙に取り組まざるをえない状況に立たされるようになってきているのも事実です。その一つの方法として水煙草に注目する人も出てきています。タバコに含まれる有害物質であるタールやホルムアルデヒド等を吸ってしまうリスクが少ないのが水煙草のメリットであり、依存症の原因となるニコチンも極めて少ないことが知られています。タバコから水煙草に切り替えることによって健康被害を減らしたり、ニコチン量を減らしていって徐々に禁煙に向かっていくというアプローチに目が向けられるようになってきているのです。水煙草以外にも様々な禁煙に向かうアプローチがあり、その利用による禁煙が求められる時代となっています。