内科の禁煙外来での予算はどれくらい?

自己流の禁煙でなく、病院で医師の治療を受けながら行う場合は、内科の禁煙外来に通うことになりますが、予算はどのくらいに考えておけばよいのでしょうか。あまりに高い金額がかかるようですと、やはり治療に踏み切るのに躊躇してしまいますね。内科の禁煙外来での治療は、治療条件を満たしていれば、保険適用が可能です。治療にかかる期間は、一般的に12週間とされており、仮に窓口での負担を3割とした場合、費用はおよそ2万円程度になります。禁煙外来での治療はおもにチャンピックスという禁煙補助薬を用いながら行うため、治療にかかる費用の中には、診察料やニコチン依存症管理料に加えて、処方箋料も含まれることになります。治療の予算を考える際に、この費用を安いと考えるか高いと考えるかは人それぞれですが、仮に1箱400円のたばこを1日2箱吸っている人の場合、1ヶ月に24,000円のたばこ代がかかりますので、比較しながら考えてみるのもよいでしょう。12週間の治療の中で、初回・2週間後・4週間後・8週間後・12週間後のおよそ5回の通院が必要になります。初回の診察時に条件の確認や、問診がありますが、2回目からは、診察・呼気一酸化炭素測定・説明やアドバイス・チャンピックスの処方という流れになっていますので、各回ごとに大きく支払い金額が変わることはありません。しかし、3回目(4週間後)に通院する時は、薬が4週間分処方されますので、少し支払金額が大きくなるようです。内科の禁煙外来の治療では、治療条件を満たしていなかったり、前回の最後の通院から1年以上たたないと保険適用は認められませんので、予算を考える際にその点には注意が必要です。保険が適用されるのは12週までで、それ以降も治療を続けたい場合は、自費診療(全額負担)であれば、治療を継続することができます。