海外で新築に住む人は禁煙する

海外転勤が決まると住まいを確保します。しかし喫煙者は禁煙を迫られる事態に陥ることがあります。日本を含めた世界では、タバコは健康を害するイメージが定着しています。そこで海外の新築物件の多くが禁煙を条件にしています。日本でも新築に住み始めるともに臭いを付けないように禁煙をする人がいますが、海外ではその波が日本より大きいです。特に日本人も多く暮らすアメリカでは各州で禁煙運動が盛んです。日本でもタバコ税を引き上げる動きがありますが、アメリカでは価格の上がり方が大きいです。ニューヨーク州では喫煙できる年齢を18歳から21歳に引き上げることで、常習性を防いでいます。喫煙者が多かったネバダ州ラスベガスでも、公共内の建物で喫煙することは禁止です。よってホテルのロビーやレストランでタバコを吸う人はいません。これに加えて禁煙の新築物件に賃貸契約を申し込むと、ほとんどの場所でタバコが吸えなくなります。さらにアメリカではビジネスの世界において、喫煙者は自己管理能力が低いと見なすので、出世しにくいです。チームを引っ張り部下や会社を管理する立場の上司が自分の管理をおろそかにしていると周囲が付いてこないので、上流階級ほど非喫煙者が多いというデータもあります。日本は公共施設の前に灰皿が置かれるなど、喫煙者に対して寛容だと言えます。イギリスでは室内の喫煙を全て禁止しています。パブやクラブでさえ喫煙エリアは屋外に設けられています。ホテルの部屋や新築アパートも禁煙なので、自分で家を建てて管理しない限り屋内での喫煙は不可能です。しかし転勤や出張など一時的な滞在で、わざわざ新築を建てることは現実的ではないので、禁煙を始めるのが良いです。